印鑑もメタリックの時代

イメージ画像

皆さんは、チタン製の印鑑をご存知だろうか?
見た目は鈍い光を放つシルバーカラーで、男性が使うと、とてもクールでスマートなイメージに、女性が使うと、都会的で洗練されたな雰囲気を醸し出す。
印鑑って、何となく古臭くて嫌だなーと思っている人には是非おすすめしたい一本。

もちろん、優れているのはデザインだけでは無い。
チタンといえば、医療用の人工関節にも多く使われている素材で、非常に軽く、強度や弾力もあり、その上、錆びないという特徴を持っている。
繊細な作りの印鑑にとって最も致命的なのは、不意の落下などによる欠け。
特に外枠が最も破損しやすいので、以前は、文字が枠に接触していて比較的欠けにくい書体(印相体)にしたり、硬めの素材を使ったりする方法をとっていた。
チタンの硬さは、従来の印材の比では無いので、どのような書体でも落として欠ける心配は無いし、長年使っているうちに印字面が磨耗するという現象も避けられるのだ。

更に、チタン特有の程よい重さまでもが捺印時の押しやすさにもつながる事を考えると、これ以上印鑑に適した素材は無いのではないかと思う。
印鑑登録にも最適。
というのも、登録していた印鑑が欠けたり磨り減ったりした場合、その都度登録し直さなければいけないから。
印鑑が欠ける度、煩わしい上に登録料もかかって、踏んだりけったりな思いをする事だろう。
それを考えると、多少予算が上がっても、『欠けない、そして耐久性が高い』チタンの印鑑を、印鑑登録用に用意して損は無いと思う。
見た目と実用性を兼ねたチタン製の印鑑は、これからの注目株なのだ。



「実印として売られているものであっても、印鑑登録をしていなければ、実印ではない」のをご存知ですか?
印鑑辞典~印鑑登録とは~のページが参考になりました。

このページの先頭へ